スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

大塚愛『LOVE PiECE』レビュー

らぶぴーす

昨日のMステで忘れてたことを思い出しました。
9日は大塚愛ちゃんの誕生日でしたね。
おそばせながらおめでとうございやす。

ということで今日は2007年9月26日に発売された
愛ちん4thアルバム『LOVE PiECE』です。

てか今ニュース見たら愛ちゃん妊娠3ヶ月ですって。

amazonで試聴

01.未来タクシー
02.ユメクイ
03.Mackerel's canned food
04.PEACH
05.クムリウタ
06.星のタンゴ
07.蚊取線香
08.フレンジャー
09.CHU-LIP
10.HEART
11.恋愛写真

→超オススメ
オレンジ→オススメ
太字→良曲
黒→まあまあ
→微妙

最初を飾るのはロックなアップチューン『未来タクシー』。
飛躍するような躍動感があり最初を飾るのはもってこいのナンバー。
サビの「会いたいから会いにゆく」っていうフレーズとメロディーラインがとても印象的。
大塚愛らしいキラキラ感も携わっていてとても良い曲です。
『ユメクイ』はバンドサウンドが印象的なミドルアップテンポ。
Bメロからサビへの持ってきかたが好きですねー。
そして曲展開もなかなかのツボなんです。
『ユメクイ』ってタイトルや世界観も彼女ならでは。

軽快ロックなミドルアップテンポである『Mackerel's canned food』。
ちょっとゆる~い感じが魅力的。
前の2曲のサウンドがしっかりしてたのもあって
この曲聴くと若干ダレるんだよなぁ。
でも良い曲だと思ってる(・ω・)
またまたロックでリズミカルなアップチューンがきましたよ。『PEACH』です。
歌詞はお遊び満載ですな。PEACH=お尻とかけてたりww
まぁそういうのも彼女ならではですね。
意味不明な曲ですがサウンドは結構好きかなぁ。
ライブでも間違いなく盛り上がるしね。

『クムリウタ』はシンプルかつ壮大でもある純バラード。
このメロディーラインはすごいですなぁ。
完成度高し。
そして歌詞の「曇り空 泣くな まだここは通過点で」は名フレーズ。
大塚愛屈指の名バラードだと思う。でもあたし的にはあと一歩って感じ。
『星のタンゴ』はまさにタンゴらしいフォークソングっぽい。
癒されるけどやっぱ地味な感じだからインパクトに欠けるかな。

大塚愛のアルバムには絶対1曲はあるお遊びソング。今回は『蚊取線香』。
今回もかなりうざったく出来上がってます。
こんなにギターうるせぇって思ったことあったけww
Bメロとサビあたりは別に悪くないんだけど
Aメロあたりでもうすぐ飛ばしちゃいます。ハイ。
『フレンジャー』は甘ロックなアップチューン。
ここからラストまでシングル曲が続きます。何この曲順。
『フレンジャー』はイントロが異様に好きだったり。
「うーはいっ!」のとこテンション上がるww
でも他はあんまりパッとしないなぁ(爆)良い曲だけどさ。
『CHU-LIP』はハイテンションなお遊戯ソング。
最初聴いた時は「なんじゃこのアホソング」と思ったけど
後々慣れてくる自分がいたり。
「なぞ 遺伝子」のループはんぱないww
意外と悪くはない曲。

『HEART』は夏の終わりを感じる失恋ミディアムバラード。
ちょっと大人な大塚愛さんが見え隠れ。
なんかいまいちな出来。
ラストの『恋愛写真』はこれこそ大塚愛屈指の名バラード。
映画「ただ、君を愛してる」を書き下ろした曲なだけあって
世界観は「ただ君」のまんま。
サビも「ただ君を愛してる」の繰り返しやし。
まぁそのサビのフレーズから映画のタイトルがそれになったらしいけど。
メロディーラインが繊細で泣きポイント突いてきて
かなり自分好みに仕上がってます。ああ良い曲だわー。
冒頭から泣きそう。

もはやシングル曲が半分以上という半ベスト状態なアルバムとなりました。
新録が少なくて残念。
個人的にあと1、2曲は欲しかった。
後半もシングル曲で固められてそこも残念な点。
でも1曲1曲の完成度は高い方かなと思います。
シングル曲然り。アルバム曲然り。
11曲でコンパクトにまとめられて全体的に聴きやすい印象でした。

オススメ度:★★★★★★★★☆☆

スポンサーサイト

2010/09/11 21:28 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。