スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

阿部真央『19歳の唄』レビュー

19sainouta

もう気づけばあべまライブ@札幌まであと1週間。
7ヶ月ぶりのあべまにわくてか(゜∀゜)

ということであべまのNEWシングルレビュー。
2010年11月3日に発売された
5thシングル『19歳の唄』です。

YouTube【19歳の唄】

01.19歳の唄
02.逢いに行く
03.morning

→超オススメ
オレンジ→オススメ
太字→良曲
黒→まあまあ
→微妙

まず表題曲である『19歳の唄』。
前作『ロンリー』とはうって変わった哀愁ただようハードなロックナンバー。
てっきり「大人になりたくない」的な歌なのかと思いきや違った。笑
19歳になった葛藤を描き、でもまだ前に進んでいたいとメッセージが込められてます。
あたしも現に19歳なのですが「あ~これ共感できるわぁ~!!」とかいうのはないですね。(爆)
ただあべまの世界観になんかぞっとしたというか。「共感」というよりは「なるほど」みたいな。
サウンドもバリバリのロックでものすごいカッコよく仕上がっていて
またまたあべま様に惚れました。笑

『逢いに行く』はキュートなサウンドが魅力的なポップソング。
タイトル通り「急にあなたに逢いたくなって逢いにゆく」という女の子らしいラブソングとなっています。
もう歌詞もサウンドも可愛すぎ。
前曲『19歳の唄』とのギャップが(笑)
なんとなくだけど雰囲気的に『ロンリー』の続編っぽい。
こういうラブソングは普通にキュンとしてしまいますな。
でもこういう歌詞はおなかいっぱいだったりしたりしなかったり(^q^)←どっちだよ

3曲目はお馴染みの弾き語りである『morning』。
ちょっとこれは大人なラブソング的な。
主人公は不倫してる女の子みたいな。
かなり切ない感じに仕上がってます。
あべまの悲痛な歌声が弾き語りだからかより一層響くなぁ。。
切ないというよりもはや痛い。聴いてて。
でも普通に良い曲だと思われ。

今回も3曲入りのシングルでした(^o^)
『ロンリー』で知名度上がったあべまさんですが
次のシングルをまさかの非売れ線であるハードロックにしてくるとは感服。
なんかこれから聴いていくうちにまた印象変わりそうな予感(^^)
まだまだあべまさんには期待が持てますな(^ω^)
あー早くライブ行きたい。

オススメ度:★★★★☆

スポンサーサイト

2010/11/10 21:39 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。