スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

宇多田ヒカル『HEART STATION』レビュー

heartstation

宇多田さんデビュー12周年おめでとうございます\(^o^)/
おとといと昨日の横アリ公演行きたかったすなぁ・・・・。
さすがに北海道からは無理だった。笑
しかもUST放送もお出かけしてて観れずっていうね。

ということで今日は宇多田さんですぜ。
2008年3月19日に発売された
宇多田さんの5thアルバム『HEART STATION』です。

amazonで試聴

01.Fight The Blues
02.HEART STATION
03.Beautiful World
04.Flavor Of Life-Ballad Version-
05.Stay Gold
06.Kiss & Cry
07.Gentle Beast Interlude
08.Celebrate
09.Prisoner Of Love
10.テイク5
11.ぼくはくま
12.虹色バス
13.Flavor Of Life [Bonus Track]

→超オススメ
オレンジ→オススメ
太字→良曲
黒→まあまあ
→微妙

最初を飾るのは宇多田流応援ソング『Fight The Blues』。
歌詞にメッセージ性があり、勢いがあるヒーリングっぽい打ち込みサウンドであり
最初聴いたときからグッときましたねぇ。
女はみんな女優~( ゚∀゚ )♪
『HEART STATION』はスローな打ち込みポップス。
イントロのキーボードの音色がとても印象的。
ちょっとラジオっぽい創りになってるのがいい感じですな。
『Beautiful World』はエヴァンゲリオンのテーマソングとあってか
アニソンっぽい創りだなって感じがした。
でもやっぱ宇多田色も炸裂しており、ストレートな歌詞や
サウンドも爽やかっぽさもあればちょっと根暗なとこもある。
メロディーも逸脱してて( ・∀・)イイ!!
ところどころにあるキーボードの音色がいちいちツボ。笑
もうまさしく全体的に"Beautiful World"です。←
宇多田ヒカル屈指の名曲。

お次はもはや宇多田ヒカルの代表作の一曲となった『Flavor Of Life』のバラードver。
確かこれは花より男子用にバラード仕様にしたんでしたっけ?
原曲も好きだけどバラードもやっぱ好きだなぁ。
バラードだとメロディーラインが強調されてメロディーの良さを実感できる。
これを聴くと花男の名場面(?)が続々と浮かんできてどうしよう。←
『Stay Gold』はピアノサウンドがとても印象的なバラード。
とにかくサウンドが美しすぎてこっちまで綺麗な気持ちになった気分です。爆
『Kiss & Cry』は打ち込み系なミディアムチューン。
歌詞がコミカルに仕上がっており面白い。韻も良い感じだし。
最初はそこまで好きじゃなかったんだけど
聴けば聴くほど結構ハマる一曲。

インストである『Gentle Beast Interlude』を挟んで
お次の『Celebrate』へ。この流れ(・∀・)イイネ!!
この曲はR&B風な打ち込み系ダンスナンバー。
このサラリと流されちゃうようなテンポと歌い方にハマってしまったり。
そしてダーク色があるミディアムナンバー『Prisoner Of Love』。
イントロのあのすんげー暗い感じからもうこの曲に惹きこまれました。笑
でもこの曲ってそこまで暗いわけじゃないんだよね。
人間のよくある感情とかわずか希望とか描かれてるし。
AメロBメロのあの雰囲気やサウンドがかなりのツボポイントだったり。
この曲といえばDV錦戸くん・・・・(・∀・)爆
『テイク5』は壮大観がある打ち込み系バラード。
最初聴いた時はクセあるなぁって思ったんだけど
聴けば聴くほどまたこれハマってしまうのよね。笑
Bメロのダークゾーンがなかなかツボです。
(ダークゾーンってなんだよ。)
まさに空のように透き通っていく感じのサウンドも心地いい。
いきなりブツッと切れるので最初はこのCD不良品かと思ったよw
まさにあゆさんの「monochrome」現象ww

『ぼくはくま』は呑気な気分になるような童謡。
童謡と思って侮っちゃいけませんよ。
童謡らしくすぐ頭に残るメロディーとライバルは海老フライというコミカルな歌詞。
韻もかなり( ・∀・)イイ!!んです。
『虹色バス』は愉快なポップナンバー。
まさに童心に帰ったような懐かしさのあるキャッチーな曲。
ついつい口ずさんじゃうような感じ。
でも最後の「誰もいない世界へ私を連れて行って」ってなかなか残酷な気がするけどw
だんだんとダークな感じになっていくのもこの曲の特徴。

ボーナストラックとして『Flavor Of Life』の原曲も収録されてます。
昔は断然バラードverが好きだったんだけど
今はこっちの方が好みになった。笑
テンポが結構ツボ(・∀・)!!!!!
「あと一歩が踏み出せないせいでっ」のとことかw
ちょっとデジタルなシンセっぽいサウンドもなかなか良い。

実は今作で初めて宇多田さんのオリジナルアルバム聴いたのですが
いやぁ、やっぱ良いね。クオリティ高いね。
『Beautiful World』や『テイク5』のような難易度高い曲もあれば
『ぼくはくま』や『虹色バス』のようなコミカルソングもあって
聴いててなかなか楽しかった。
ただ序盤にシングル曲が固まりすぎてたのはちょっとダレるかな。
でもやっぱ宇多田さんはただ者じゃないなと思うくらい良いアルバムでしたよ。

オススメ度:★★★★★★★★★★

スポンサーサイト

2010/12/10 22:24 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。