スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

Mr.Children『SENSE』レビュー

sense

ミスチル2年ぶりのオリジナルアルバムが初動50万枚ですって。
まぁこんなCD不況の時代に、しかもシングル曲無しのオリアルで50万突破とかもはや怪物。爆

そんな今日はミスチル様をレビューしちゃいますよ。
2010年12月1日に発売された
16thアルバム『SENSE』です。

YouTube【fanfare】

01.I
02.擬態
03.HOWL
04.I'm talking about Lovin'
05.365日
06.ロックンロールは生きている
07.ロザリータ
08.
09.fanfare
10.ハル
11.Prelude
12.Forever

→超オススメ
オレンジ→オススメ
太字→良曲
黒→まあまあ
→微妙

「もういいでしょう!? もうこれで終わりにしよう」と辛辣なフレーズから始まる『I』。
しょっぱなからダークに攻めますねー\(^o^)/
リアルに歌詞が自分に突き刺さるんですが。ドキッとしちゃったよ。
サウンドもダーク路線での辛辣ロックになってて暗い曲大好きの自分にとってはツボですね。笑
サビのシンセっぽいサウンドも結構印象的。

『擬態』は伸びやかで少し爽快感のあるロックなアップチューン。
この曲は昔のミスチルっぽい懐かしさを感じる。
それにコバタケさんをプラスみたいな。ww
これもなかなかのツボ曲。ドラム( ・∀・)イイ!!ジェンさん( ・∀・)イイ!!
何かに擬態したものばかりなんです。はい。←
『HOWL』はエネルギッシュあふれたちょいポップなアップナンバー。
どうしてもキーボードの音に耳がいってしまうのはなんでだろう。笑
『I'm talking about Lovin'』はフォークっぽいポップなミディアムテンポ曲。
サウンド的にクリスマスっぽいイメージ。ちょっとこれも昔のミスチルっぽい。
温かく少し愉快なラブソングとなっています。

『365日』はミスチル王道のラブバラード。
もうこの曲はダメです。涙出ます。がちで。笑
あ、いい意味でのダメってことだからねwwww
全体的にメロディーラインが泣きメロであり
サウンドもかなり壮大である。
あのネ申だったドームライブを思い出しますね。
ミスチルのバラードでもかなりの上位に入るくらい好きな曲。

お次はタイトル通りゴリゴリなロックチューン『ロックンロールは生きている』。
この曲で一気にテンション上げ↑
とにかくカッコ良すぎてやばい!!!!
エッジの効いたロックサウンド最高っということで。ギターやべぇえええ。
雰囲気的に『ニシエヒガシエ』っぽい。
ちょっとラップっぽいブリッジ部分も好きだけど
ライラライラのとこが一番ツボだったりします。

『ロザリータ』は失恋モードなミディアムバラード。
この古臭い感じのサウンドが妙に心に残る。
そしてサビの「ローザーリィタァァアアアア」って切なそうに名前を呼ぶ感じがこっちまで切なくなる。
間奏のトランペットもまた哀愁を感じさせる。。。。
『蒼』はピアノサウンドがメインのシンプルなバラード。
でも最後になるつれにサウンドが重くなっていく感じが好き。
そして一番の聴きどころは間奏とラストの桜井さま(たぶん)の口笛。
あれは反則だろぉぉぉおおおおお

そしてストリングス&ロックを融合した壮大でハイテンポなアップチューン『fanfare』。
もうなんだろう、この胸の高鳴りは。笑
まるで童心に帰ったように聴いてるのが楽しくなる。
サウンドにおいても最初とブリッジ部分の壮大にストリングスや
Aメロに入る前のあのギターはやばいって感じで。
もうミスチル屈指の名曲ですよ。これは。曲展開も素晴らしい。
「悔やんだって後の祭り もう昨日に手を振ろう」。

『ハル』は穏やかなそよ風を感じさせそうなバラード。
ちょwあんなにアガった『fanfare』の後にまたバラードかいと拍子抜けですが
普通に良い曲。メロディーラインが美しいですな。

『Prelude』はピアノ色が強いロックなアップチューン。
これも昔のミスチルっぽい感じがするんだよなー。王道アップテンポって感じ。
サビの前(Cメロかな?)がすごくツボだったり。
あと曲展開もなかなかすごいと思われ。
7分近くの大作になってますが全然余裕で聴けるわー。

ラストを飾るのは壮大な泣きラブバラード『Forever』。
いやぁ、この締め方はいいですな。
サビのForever~Forever~♪はなかなか余韻に浸されるなぁと。
泣きメロなんだけどちょっと温かみがあるとこもGJでした。

久々のミスチルの新作ですが、とんでもないアルバムに仕上がったな、と。
もはや名盤じゃねぇか、と。素晴らしすぎるじゃないか、と。
シングル級のクオリティ高い曲ばかりじゃないか、と。
しょっぱなの『I』からこのアルバムはイケる!と変に確信持ってたからね。笑
メロディーラインもあたし好みだったしサウンドも素敵でした。
もちろん歌詞もまた深いものを感じましたよ。
ほんと2年待ってて良かったよ。
このアルバムのツアー行きたかったなぁ(´・ω・`)ショボーン
これからも活躍に大いに期待!

オススメ度:★★★★★★★★★★

スポンサーサイト

2010/12/12 17:49 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。